低容量ピル(マーベロン28)を飲んで変わったこと

私は、生理痛がすごく重く毎月苦痛に感じていました。

ひどいときは、嘔吐してしまったり、意識を失ってしまいそうなときもありました。

あまり肉体的苦痛が無い月でも、事前のPMSがとても酷く、周りにあたってしまうこともありました。

あまりにも酷いので、なにか病気もあるかもしれないと思い婦人科に行きました。

血液やエコーの検査の結果、深刻な病気等は見つかりませんでした。

しかし、生理痛が酷いのは変わらず、先生に低容量ピルをすすめられました。

デメリット、副作用はもちろんあるが、生理痛が軽減されたり、肌が綺麗になったりというメリットもあるのだと丁寧に説明してくださりピルを始めることにしました。

私が処方してもらったのはマーベロン28でした。

飲んでから、ホルモンバランスが崩れるため、腹痛などの副作用が二ヶ月ほど続くと聞いており、とても怖かったです。

実際飲むと、やはり副作用は起きてしまいました。

私の場合は、生理の時のような腹痛、頭痛、吐き気が一週間ほど続き、あとは落ち着いていたので、ひとまず安心。

いよいよ生理のとき、いつもの生理とは明らかにちがいました。

PMSはほとんど感じなくなり、生理痛も期待していたほどでは無かったですが、吐き気や意識が失ってしまうほどの激痛はかなり軽減されました。

低容量ピルを飲むことでこんなに変わるのだと実感しました。

今後も、うまくつきあって行きたいと思います。

(東京都 みやさん)

>>マーベロン28の購入先はこちら

>>格安の海外製のマーベロン28の購入はこちら




コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ