「アンジュ」の記事一覧

避妊のためにピルをはじめて、ピルを海外の通販からの買っています。

私が低用量ピル(アンジュ)を使おうと思ったのは、ピルでの避妊は成功率がほぼ100パーセントだと知ったからです。

さっそく、ピルをもらうために色々とネットで調べたんですが、メリットはもちろんデメリットもあるんですよね。

一通り予習してから近くの産婦人科に行ってピルを処方してもらいました!

そこでは軽く説明を受けただけでピルを処方してもらえました。

1シート3000円のアンジュ28というピルで、早速次の生理から使い始めました(^^)

アンジュは使いはじめにちょっと副作用があるかもって聞いていたんですけど私は大丈夫でした。

嬉しかったのは生理が規則正しく来るので楽チンだったことと、生理通も和らいだところです。

ピルを使っていると太りやすくなるとも聞いたんですけど、そんなことはなくて私にとっては良いことしかなかったです。

でも毎月使っているとピルの値段の3000円って結構大きいんですよね。

けど続けたいし、もっと安く手に入らないかと思って、またネットで検索してみました。

すると見つけました!まとめ売りの安いもので、海外の通販サイトからの個人輸入のようでした。

輸入ってちょっと心配だったんですけど、口コミをよく見て大丈夫だなと思ったので思い切って購入しました!

こちらはトリキュラーというピルで、使ってみても今までのものと変わりなかったのでこのままトリキュラーを使おうと思います。

>>トリキュラーの個人輸入代行サイトはこちら

(埼玉県 ささみさん)




おなかの水の対策にアンジュ28を飲むことに

私は30代で子宮筋腫の手術を2回受けたのですが、2回目は癒着がひどく、筋腫だけ摘出しようとすると、時間がかかり、出血がひどすぎて危険だということで、子宮と右の卵巣も摘出しました。

しかしその後、1回目の手術のときと違って、ちっともおなかが引っ込まないなあと思っていたら、癒着の隙間に水が溜まっていることが分かりました。

身体の中の余分な水をとるという漢方薬を試して、少し減った時期もあったのですが、手術後2年ほどしたら、筋腫のように大きな水の袋ができてしまいました。

それが膀胱や腸を圧迫するので、頻尿になったり、便秘になったり大変でした。

結局、一度、注射器で水を抜く処置をしていただきました。麻酔はしたのですが、軽い麻酔だったので、すごく痛かったです(T_T)

しかも、また次の月になったら水が少し溜まっていたので、これは、残っている卵巣から毎月出た水分が溜まっているのだろうということになりました。

そこで、先生が「卵巣の働きを少し抑える薬を試してみましょう」とおっしゃって、アンジュ28を飲むことになりました。

幸い、アンジュ28が私の症状にはぴったりだったようで、飲み始めたら、2,3か月でおなかの水はなくなりました。

今は卵巣の働き自体が衰えてくる年齢になり、アンジュ28を飲むのをやめても、水が溜まらなくなったので、1年前から、アンジュ28は飲んでいません。

(千葉県 アデッソさん)

>>アンジュ28の通販サイトはこちら




低用量ピルのよいところは女性特有の悩みを解消して、安心感が得られるところ

半年ほど前から、アンジュ28という低用量ピルを使っています。

28日分で1シートのものを毎月産婦人科で処方してもらっています。

低用量ピルを飲もうと思ったきっかけは、避妊と生理の周期を整えるためです。

体調を崩した時に、生理不順も起こってしまい産婦人科に行った時に先生に低用量ピルの処方をお願いしました。

最初はなんだか言いだすのが恥ずかしかったのですが、何の目的で低用量ピルが欲しいのかということをしっかり先生に伝えることが大切だと思います。

使用目的や個人の体調のバランスによって、合うも低用量ピルと合わないものがあるそうです。

低用量ピルの良いところは、とにかく安心感が得られるところです。

生理不順や妊娠の可能性など、女性特有の悩みというのはとても大きな不安を生むものだと思います。

しかし、低用量ピルを飲んでいると生理は決まった周期でくるしあやまって妊娠してしまう可能性も低くなります。

自分の体を自分で守っているという安心感が得られることは、女性にとって本当にうれしいことです。

しかし、そのためには毎日きっちりと低用量ピルを飲むことや生活リズムを整えることも必要となります。

自分の体を自分で守るために、まずは産婦人科の先生や恋人に相談してみるとよいでしょう。

(福岡県  さださん)

>>アンジュ28の購入先はこちら




生理不順のコントロールに低用量ピル(アンジュ28)を服用したらアトピーがマシになりました。

私は40代ですが、低容量ピルを飲み始めて約5年です。

元々、生理痛は酷かったけれど、それは生理とお付き合いしだしてずっとの事だったので、もう当たり前の事になっていました。

でも、35歳前後辺りから、酷い生理不順に悩まされ・・・。

2~3ヶ月、生理が無かったり、1ヶ月に3回も生理がきたり。

身体に不調は無く、かかり付けの婦人科でも異常なし、と言われ、その際に低容量ピルを勧められたけど、そういう系の副作用が出やすいタイプだし、ピル=副作用というイメージがあって、中々踏み切れませんでした。

でも、いつも、いつ来るか分からない生理に備えている事自体がしんどくなってきました。

ネットで色々調べてみて、低容量ピルというのは、今までの避妊のピルのイメージではなくて、ホルモンバランスをコントロールするための物、副作用もかなり少なくなっている事を知りました。

その病院(個人病院)では多分アンジュしか扱っていないのか、アンジュが合わなかったら違うのを出してくれるのかは不明だけど、私は最初っからアンジュでした。

飲み忘れそうなので、偽薬付きのアンジュ28の方だけど、偽薬を飲んだのは最初の頃だけで、シートに極細マジックで日にちと曜日を書いているので、そのまま偽薬付きのアンジュ28。

毎月3千円かかるけど、きっちり生理が来てくれて、軽くもなり、生理痛も殆ど無くなったのでもう手放せません。

(あと何年必要なのかは分かりませんが・笑)

オマケに、妊娠の心配もしなくていいので良い事だらけでした。

最初の数ヶ月は、体中が痒くなったり、若干顔が浮腫んだりしたけど、2~3ヶ月で治まりました。

ピルを飲み始める時に、説明してくれた看護師さんが、「肌もキレイになるわよ^^」と言ってて、本当にアトピーがマシになったのも有り難い事でした。

と、私にとってピルはいい事づくめで、生理あがってしまったとしても飲み続けたいぐらいでした。

半年ぐらい前(?)に新たなピルの副作用があったらしく、いつも通りピルをもらいに行ったら、いつもは電話しておいて窓口で受け取るだけなのに、先生のお話を聞いていってください、という事で、副作用のプリントをもらって説明を受け、その後、ピルと一緒にいつもその副作用のプリントを渡されました。

分かりやすいピルの副作用の内容だったけど、全部、怖っ!と思うようなのばっかりでした。

(三重県・しゃんぷーさん)

>>アンジュ28の購入先はこちら




生理痛軽減のために低用量ピル(アンジュ21)を使ってよかった

私は元々生理痛がひどく、寝込むほどではないですが、いつも鎮痛剤を飲まないといられない程でした。

ある日婦人科でその相談をすると、主治医が「低用量ピルを使ってみる?避妊目的で使う人もいるけどあなたみたいに生理痛がひどい人なども使ってるわよ」と言われました。

なるほどと思い、あまり薬は使いたくなかったのですが、生理痛が軽減されるならと思い、試してみました。
私が処方されたのはアンジュ21というものです。

毎日、決められた時間に飲むので、飲み忘れがないように気を付けていました。

ただ最初はちょっと気持ち悪かったですね。
通勤の電車の中、「なんだかムカムカする」というのは結構ありました。

ただ飲んでいくうちに、だんだんと体に馴染んできたようです。

飲み始めて3ヶ月した頃、あのひどかった生理痛が本当に楽になったんです。これにはビックリしました。

会社の同僚も、いつも生理の時はお休みするので、「あれ?今日は大丈夫なの?」と言ってくれるほど。

それと嬉しい報告がもう一つ。

これ、飲み始めてから、また同僚に「最近肌綺麗になったよね!」と言われることが多くなりました。

やはりホルモンバランスが整ってきたのでしょうか。

今までニキビが出来やすく、肌もガサガサだったのですが、少しづつ改善されたようです。

私にとってピルは一石二鳥でした。

(千葉県 あきこさん)

>>アンジュ21の購入はこちら




低用量ピル(アンジュ28)で確実な避妊!3人目はもういい

1人目の出産から5年空いたころ、予定外に二人目の妊娠が発覚しました。

もう一人っ子でいいかなと漠然と思っていたので、本当にショックで衝撃でした。

またイチから子育てか~と。もうすぐ上の子どもの保育園卒園間近でのハプニング。

また長い長い保育園生活が始まりました。

でも二人目は可愛く、生んで良かったとは思いましたが、もう三人目はいりません。

そこで確実な避妊方法を取るため、低用量ピルを処方してもらいました。

月に一度病院で血圧を測り、問題なければ処方されます。

私は「アンジュ28」というタイプのピルでした。

飲み始めて最初の1週間ほどはつわりのような吐き気がありましたが、すぐに治まり、あとは問題なく飲めています。

一番良かったのはやはり「妊娠したかも!!」という不安感から解放されたこと。

また生理不順だったのが、いつ生理になるかほぼ確実に分かるので予定がたてやすくなったこと。

また生理が軽くなったことです。

マイナスポイントはやはりお金がかかることと、病院に行く手間がかかることですね。

でも私には薬(低用量ピル)もあっているようですし、とても快適です。

中には薬が合わないこともあるようですが、その時は遠慮なく婦人科で相談し、自分に合うピルを見つけることが大切だと思います。

またピルを飲めない体質等もありますので、定期的な検査は大切だと思います。

(岡山県 akkoさん)

>>アンジュ28の購入先はこちら




避妊とつらい生理痛のために低用量ピルを始めました。

低用量ピル歴2年。

私がピルを飲もうと思ったきっかけは、彼氏のためでした。

私の彼氏は経験が少なく、コンドームをつけると萎えてしまうのです。

だからと言って避妊をしないなんて、当時学生だった私には考えられず、彼氏と相談し、低用量ピルの服用を決めました。

もともと生理痛もひどかったので、生理痛の改善もできたらなー(^O^)という思いでした。

近くの総合病院の産婦人科に行くと、子宮がんの検査をしてもらったり、生理痛の原因が軽い子宮内膜症であることもわかりました。

こちらもピルを飲めば軽減されるとお医者さんに説明を受け、飲み方も丁寧に教えてもらえたので安心して始めることができました(^^)

処方してもらったのは『アンジュ28』で、毎日決まった時間に飲むごくごく普通のピルです。

私の場合は「寝る前に飲んでください」とのことだったので、毎日寝る前に飲んでいます。

飲み忘れはほとんどありません。夜忘れても朝は必ず思い出すので、思い出した時にすぐに飲んでいます。

最初は検査費用などもかかりましたが、二回目からはピルの料金だけで、一度に3ヶ月分もらえます。

産婦人科はとーっても混むので、3ヶ月に一度の通院で済むのはとてもありがたいです!

価格は1ヶ月分で2500円です。

心配していた副作用も私はありませんでした。

ただ、期待していたほど生理痛は改善されなかったかな。

全く痛みがなくなる、というのは期待しすぎでした(^_^;)

それでも昔は立てないほどお腹の痛みがありましたが、今は事前に痛み止めを飲むことで普通の生活には支障ありません。

痛み止めは必須ですが、効果はあるんだと思います!

また、毎月きちんと28日周期で生理がくるので、旅行などの予定も立てやすいです。

経血の量も減りました。日数も、飲む前は一週間ほど続いていましたが、今は5日で完全に終わります。

総合的に判断して、ピルはいいことの方が多い!と私は思います(^^)

私にとっても彼氏にとっても、避妊は大事ですしね。

将来子供がほしいと思ったときまで、続けていこうと思います!

(東京都 Tommyさん)

>>アンジュ28の購入先はこちら




低用量ピル(アンジュ28)とその副作用

わたしは半年前からアンジュ28っていうピルを飲んでいます。

ピルを処方してもらう時、どんな薬なのかとか値段とか少し調べてから産婦人科に行ったんだけど思いっきり盲点があって…。

それは、ピルの副作用!

飲み始めてから2日くらいたってからかな?

朝起きた途端に頭がくらくら!

あれ?おかしいな?と思って立ちあがってみるものの、世界中がぐらぐらしてて立ってられませんでした(^_^;)

そう、ピルの副作用の目まいです!

だけどそんなことは全く知らなかったので、疲れてるのかな?風邪かな?なんて思いながらとにかく仕事を休んで寝ていました。

しかし、翌日になってもいっこうにおさまる気配はない!

食欲もないし猛烈な吐き気を目まいをひきつれて一日仕事をしました((+_+))

しかもその日は職場の忘年会で一泊する予定の日。

みんな楽しそうに飲んで笑っている中で、ろくにお酒も飲めずにすぐにダウンしてしまいました(笑)

忘年会から帰って、産婦人科に行った時に先生に聞いてみるとなんと風邪でも胃腸炎でもなくピルの副作用だということが判明!

内科に行っても治らないはずですよね(笑)

数日すると、目まいも吐き気もすっかりさまって日常生活を送れるようになりました(^u^)

もし飲み始めてすぐに目まいや吐き気が襲ってきたら、ぜひ産婦人科の先生に相談してみてください!

(福岡県 M.Aさん)

>>アンジュ28はこちらから購入できます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ