「マーベロン」の記事一覧

低容量ピル(マーベロン28)を飲んで変わったこと

私は、生理痛がすごく重く毎月苦痛に感じていました。

ひどいときは、嘔吐してしまったり、意識を失ってしまいそうなときもありました。

あまり肉体的苦痛が無い月でも、事前のPMSがとても酷く、周りにあたってしまうこともありました。

あまりにも酷いので、なにか病気もあるかもしれないと思い婦人科に行きました。

血液やエコーの検査の結果、深刻な病気等は見つかりませんでした。

しかし、生理痛が酷いのは変わらず、先生に低容量ピルをすすめられました。

デメリット、副作用はもちろんあるが、生理痛が軽減されたり、肌が綺麗になったりというメリットもあるのだと丁寧に説明してくださりピルを始めることにしました。

私が処方してもらったのはマーベロン28でした。

飲んでから、ホルモンバランスが崩れるため、腹痛などの副作用が二ヶ月ほど続くと聞いており、とても怖かったです。

実際飲むと、やはり副作用は起きてしまいました。

私の場合は、生理の時のような腹痛、頭痛、吐き気が一週間ほど続き、あとは落ち着いていたので、ひとまず安心。

いよいよ生理のとき、いつもの生理とは明らかにちがいました。

PMSはほとんど感じなくなり、生理痛も期待していたほどでは無かったですが、吐き気や意識が失ってしまうほどの激痛はかなり軽減されました。

低容量ピルを飲むことでこんなに変わるのだと実感しました。

今後も、うまくつきあって行きたいと思います。

(東京都 みやさん)

>>マーベロン28の購入先はこちら

>>格安の海外製のマーベロン28の購入はこちら




ピルの目的は生理痛の緩和のためで避妊の期待はしてなかったけど…

私は生理不順な上に生理痛がひどく、あの日がくるたびに憂鬱な気分で過ごしていました。

生理痛は本当に痛くて痛くて…。

まるでお腹を思い切りねじられているような感じでベッドから動けなくなることもしばしばでした。

その辛さを友達に愚痴ったら、婦人科で相談することを勧められました。

近くの婦人科で女医さんに相談したところ、低用量ピルを処方してくださいました。

ピルの名前はマーベロン28です。

マーベロン21というものもあったんですが、スケジュール調節が苦手なので何も考えずに飲み続ければいいタイプのマーベロン28のほうを選びました。

私自身、低用量ピルというものをその時初めて知ったのですが、生理痛の緩和や生理不順を治すだけでなく、避妊の効果もあるものなんですね。

その時は彼氏がいなかったので避妊の効果のことは特に気にしてなかったんですが、その避妊の効果が思わぬ形で役に立ちました。

友達に誘われていった合コンですごくいい感じの男性に出会ったんです。

話もすごく合って盛り上がってしまい、二人だけで3次会へ。

ふたりとも酔っぱらっていい感じになりホテルに行ってしまいました。

翌朝、エッチした記憶はあるけど避妊をしたのか覚えていなくて男性に聞きました。

するとエッチをしたけどゴムはしなかったとのこと…!

いつもならパニックになるところでしたが、ピルを飲んでいたので助かりました。

(静岡県 美奈子さん)

>>格安の海外製のマーベロン28の購入はこちら




子宮内膜症で苦しんだのちネットでマーベロン21を購入

以前から生理不順や生理痛に悩まされていました。

ある時いつもより出血が多いなぁと思っていた時、動くと何かがドバッと。

急いでトイレに行き確認すると、レバーの様な塊が。

その時の生理期間中は歩くたびにレバー状の様なものが出てきて外出もできないし、何より悪い病気なのでは?と不安が大きく、生理が終わってからすぐに婦人科を受診。

そこで診断されたのが子宮内膜症。

診断はされたものの特別な処置や薬が処方される訳でもなく、経過観察という事で終わりました。

毎回の生理に必ずそのような症状が出るわけではなかったけれど、とにかく何の処置もない事には常に不安。

そんな時に友達に相談したら、「子宮内膜症にはピルが効果あるらしいよ」とのアドバイスが。

でも婦人科でもらえなかったのにどうすればいいんだろうといろいろネットで調べたらネットで購入可能という事が分かり、人気の高かった「マーべロン21」を購入。

期待と不安の中飲みはじめてみました。

1,2回はまだ生理不順も治らなかったけれど、3回目以降からはぴったりと28日周期で生理が来るようになり、生理不順でいつ生理になるかと気にかけていた生活から抜け出す事ができました。

生理痛、子宮内膜症の症状も改善されておりとてもよかったです。

(北海道  うさうささん)

>>マーベロン21の購入先はこちら




低容量ピルマーベロンを憂鬱な生理痛の緩和に

マーベロン

私の友人は生理痛がひどく、期間中は鎮痛剤なしでは痛みで動けないこともありとても苦労していました。

子宮自体に婦人系の病気があるわけではなかったのですが、毎月訪れる生理がとても憂鬱だったそうです。

そこでネットで対策を調べてみたところ、「低容量ピル」の存在を知りました。

彼女はピルは避妊目的での服用しかイメージがなかったそうなのですが、掛かりつけの婦人科で相談したところ、月経痛を和らげる為に処方することも多いと説明を受けたらしいです。

ピルは定期的に生理が来るようになるので不意の出血に慌てることもなくなるし、子宮内膜症の予防にもなるんだそうで。

彼女は医師としっかり問診・検査を行い(結果によっては処方してもらえない人もいる)処方してもらったそうです。

たしかマーベロンという名称のピルでした。

副作用の出血も思ったほどではなかったと言っていましたがおそらくこれは個人差もあるでしょう。

一度服用してみると生理痛は本当に緩和されたと言っていました。

毎日決まった時間に飲むことは絶対に守らなければなりませんがそうすれば生理のときでも快適ないつも通りの日々が送れるのだとしたら、もっと女性がピルを選択しやすくなればいいと思います。

ちなみにピルの処方は保険が適用されないことが多いんだそうです。

医師としっかり話し合ったほうがいいですね。

(埼玉県 Kさん)

>>マーベロン28の購入先はこちら




低用量ピル(マーベロン)服用でPMSの緩和

低用量ピルのマーベロンを飲み始めて2年になります。

きっかけはPMSの症状の緩和のために飲み始めました。

ピルは、毎日決まった時間に飲まなくてはならないとのことだったので、ズボラな私には服用に関して心配があったでのですが、ピル紹介の冊子に携帯のアラームをセットしておくといいと書いてあったので、早速実践することにしました。

私は毎日夜10時に飲む用にアラームをセットしました。

夕飯の片付けも終わり、まだ寝てない時間ということで10時にしました。

時間の設定も自分のライフスタイルにちょうどよく、ちゃんと毎日続けられました。

ただ、ママ友と飲み会があった時、帰宅が10時過ぎになり飲めない日がありました。

そういう時は、時間が過ぎてもすぐ飲む。避妊効果は何時間後、など対処法もあり、私はその対処法の冊子をクリニックからもらっていたので、その通りに飲みました。

ピルを飲んでいても、休息期間として1週間薬をお休みして生理を起こす期間があります。

その期間も、ピルの服用をコントロールすれば、生理の期間を自分で決めることができます。

私も先日、家族旅行のために生理を1週間遅らせました。

温泉を思う存分に楽しめましたよ。

生理をずらすことも、お薬をもらう時に先生に気軽に相談できるし、私の通っているクリニックでは、ピル服用者には定期的な子宮がん検診、乳がん検診、血栓予防のための血液検査もしてくれるので、婦人科系の病気が心配な30代の私にはとても安心で心強いです。

(東京都 Mさん)

>>格安の海外製のマーベロン28の購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ