「ルナベル」の記事一覧

低用量ピルをヤーズからルナベルに代えたときの体験

私は以前はヤーズという低用量ピルを飲んでいたのですが、

3ヶ月ほど前にルナベルに変更しました。

ヤーズもルナベルも4週間28日で1月分です。

最初の2ヶ月感はホルモンバランスが崩れて、悪阻のような状態になったりと体調も悪かったですが何とか3ヶ月目にして落ち着いてきました(・ω・)ノ

ヤーズとルナベルの違いは、ヤーズには偽薬が3日分付いていますがルナベルは付いていません。

ヤーズを飲んでいる時は偽薬を飲み終わって2~3日したら生理が来ていました。

3週間薬を飲んだら1週間休むのがルナベルです。

忘れないように薬のケースには薬を休む間に間違わないように工夫がしてあります。

ルナベルを飲み始めて、生理の始まる日が変わりました。

偽薬が無くなった所為なのか、3週間薬を飲み終えると2~3日して生理が来るようになりました∑(゚Д゚)

ヤーズから変更して初めての生理が来た時は25日周期だったのが、2回目は21日周期になってしまったのがとてもしんどかったです。

しかも、ちょうどGW中で予定がギュウギュウに詰まっている時に生理になってしまい大変でした(>人<;)

ヤーズからルナベルに変更は絶対にしなくてはならない緊急性はなかったのですが、変更を勧められて安易に変更してしまいました。

3ヶ月目にして落ち着いたから良かったのですが、ピルは低用量でもそれなりに体が慣れるまで副作用もあるので安易な変更などするべきではないなと思いました。

(大分県 響さん)

>>ヤーズの購入はこちら




子宮内膜症の進行を抑えるため低用量ピルのルナベルを服用

以前、子宮内膜症と診断され、進行を抑えるためには排卵を止めることが必要ということで低用量ピルの「ルナベル」を処方されました。

ピルを服用するということは、擬妊娠の状態にするのと同じらしく、飲み始めたころは吐き気やだるさがあって結構しんどかったです(*_*)

飲み続けるうちに、どんどん慣れてきて吐き気などは感じなくなりました。

排卵を止めるといっても、生理はきちんと毎月来ました。

でも、出血の量がめちゃくちゃ少なくなって、生理痛で悩まされていた私にはすごくありがたい薬でした。

あと良かった点は、生理が来る日を調整できること。

服用をやめてから数日で生理がくるので、旅行などの予定がある場合は逆算して生理がかぶらないように調整していました。

値段がちょっと高いのと、毎日服用しないといけないのがマイナス面かな。

太ったりするとかいう声も聞きますが、私はそんなに感じませんでした。

一度、まる1日飲み忘れて焦ったことがあったけど、1日の飲み忘れなら気付いた時にすぐに飲んでそのまま続きを飲めば大丈夫らしい。2日以上飲み忘れるとやり直しみたいですが(+_+)

ただ私は内膜症の治療目的の服用だったからそれでいいのですが、避妊目的ならもう一度リセットしてやり直した方が安心ですよね。

(静岡県  MYさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ