「子宮内膜症」の記事一覧

低用量ピルトリキュラー28で激しい生理痛から解放されました。

私は独身時代、かれこれ10年近く低用量ピルにお世話になっていました。

私が飲んでいたのはトリキュラー28というピルです。

何でトリキュラー28を飲んでいたかというと、子宮内膜症だったからです。

私は中学生のころから物凄く生理痛が重くて、歩くことが出来ないほどでした。

痛み止めも飲めば飲むほど段々と痛み止めは効かなくなってきて、高校を卒業するころには、一番強い痛み止め(ボルタレン)を座薬で使うほどでした。

さすがに、これはおかしいのではないかと思って産婦人科にかかったところ、子宮内膜症だと診断されたのです。

そんなにつらいなら、ピルを使えば少しは良くなるよ、と言われて藁をもすがる思いでピルを使ってみることにしました。

はっきり言って、最初は半信半疑でした。

それにその頃は保険適用のピルもありませんでしたのでピルを処方してもらうのに毎月3000円ほどかかりました。

それでも生理痛が少しでも軽くなればと思ってピルを飲み始めました。

私はよく聞くようなピルの副作用は全くありませんでした。

気持ち悪くなったり体重が増えるということはありません。

その代わりピルを飲み始めてから初めての生理がものすごく軽くなりました。

出血の量も減りましたし、何より生理の痛みがほとんどなくなったんです。

嘘みたいでした。

それ以降、結婚するまでピルを飲み続けました。

本当はずっとピルを飲みたいところでしたが、子供を作るためにはピルは飲んではいけませんので、止めました。

けどピルをやめても、あんなにひどかった生理痛がほとんどなくなったんです。

ピルって飲んでいる間だけかと思っていたんですが、ピルで生理を止めていた分、子宮の状態も良くなったのではないかな、と思いました。

私にとってピルは本当に神様みたいな存在です。

(東京都 匿名希望さん)

>>トリキュラー28の購入先はこちら




子宮内膜症で苦しんだのちネットでマーベロン21を購入

以前から生理不順や生理痛に悩まされていました。

ある時いつもより出血が多いなぁと思っていた時、動くと何かがドバッと。

急いでトイレに行き確認すると、レバーの様な塊が。

その時の生理期間中は歩くたびにレバー状の様なものが出てきて外出もできないし、何より悪い病気なのでは?と不安が大きく、生理が終わってからすぐに婦人科を受診。

そこで診断されたのが子宮内膜症。

診断はされたものの特別な処置や薬が処方される訳でもなく、経過観察という事で終わりました。

毎回の生理に必ずそのような症状が出るわけではなかったけれど、とにかく何の処置もない事には常に不安。

そんな時に友達に相談したら、「子宮内膜症にはピルが効果あるらしいよ」とのアドバイスが。

でも婦人科でもらえなかったのにどうすればいいんだろうといろいろネットで調べたらネットで購入可能という事が分かり、人気の高かった「マーべロン21」を購入。

期待と不安の中飲みはじめてみました。

1,2回はまだ生理不順も治らなかったけれど、3回目以降からはぴったりと28日周期で生理が来るようになり、生理不順でいつ生理になるかと気にかけていた生活から抜け出す事ができました。

生理痛、子宮内膜症の症状も改善されておりとてもよかったです。

(北海道  うさうささん)

>>マーベロン21の購入先はこちら




子宮内膜症の進行を抑えるため低用量ピルのルナベルを服用

以前、子宮内膜症と診断され、進行を抑えるためには排卵を止めることが必要ということで低用量ピルの「ルナベル」を処方されました。

ピルを服用するということは、擬妊娠の状態にするのと同じらしく、飲み始めたころは吐き気やだるさがあって結構しんどかったです(*_*)

飲み続けるうちに、どんどん慣れてきて吐き気などは感じなくなりました。

排卵を止めるといっても、生理はきちんと毎月来ました。

でも、出血の量がめちゃくちゃ少なくなって、生理痛で悩まされていた私にはすごくありがたい薬でした。

あと良かった点は、生理が来る日を調整できること。

服用をやめてから数日で生理がくるので、旅行などの予定がある場合は逆算して生理がかぶらないように調整していました。

値段がちょっと高いのと、毎日服用しないといけないのがマイナス面かな。

太ったりするとかいう声も聞きますが、私はそんなに感じませんでした。

一度、まる1日飲み忘れて焦ったことがあったけど、1日の飲み忘れなら気付いた時にすぐに飲んでそのまま続きを飲めば大丈夫らしい。2日以上飲み忘れるとやり直しみたいですが(+_+)

ただ私は内膜症の治療目的の服用だったからそれでいいのですが、避妊目的ならもう一度リセットしてやり直した方が安心ですよね。

(静岡県  MYさん)




低容量ピルへの恐怖感

私は、もともとピルを使うことに関して不安があり、避妊としては使っていませんでした。

でも、ある日突然、激しい下腹部痛に襲われ、その結果子宮内膜症と診断。

手術で患部を取り除いたものの、子宮内膜症は生理がくる度に、またどんどん進行してしまうので、進行を防ぐためにも生理を止めないといけないと説明を受けました。

そのためには、ピルを服用しなければいけないとのこと…

病気になってしまったのであれば仕方がなく、マイクロジノン30という低容量ピルを服用。

使用方法を守って毎日一回朝飲んでいたけど、飲んだ数日ぐらいから頭痛にみまわれる毎日。

そして、吐き気や目の前がチカチカすることも。

ピルの副作用として、体が慣れるまでこういう症状はよくあると聞いていたし、数ヶ月は続けるようにと医者からも言われてたからその通りにしていたけど、一向に症状は回復せず(-_-;)

3ヶ月経っても、体調は同じ状態で、仕事をするのも辛いぐらいでした…

主人も私の体調のことを心配しており、あまり酷い症状が続くようなら、医者に相談して違うピルに変えてもらうことを考えていたのですが、ちょうどその頃から子作りを解禁し、ピルの服用をやめました。

ピル服用中に一番恐れていたのは、血栓症になってしまうことです。

最悪の場合、死に至ることもあるとのことで、不安の気持ちが消えませんでした(T_T)

もしかして、違うピルだったら、私の体質にも合ってたかもしれないけど、どんなピルにも副作用があることを考えると、避妊目的だけでは使用したくないというのが正直な気持ち…

(岐阜県  トマトさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ